ストレスチェックとは

  • ストレスチェックとは

    • 何かとストレスを受けやすい現代社会、特に、仕事上のストレスで体調を崩す方が増えています。仕事上のストレスの原因はさまざまですが、代表的なものとしては、例えば、社内や取引先の人との人間関係のこじれがあります。また、自分の処理能力を超える業務負担を抱え込んでしまうことによるストレスもよく聞きます。


      日常的に強いストレスを受け続けていると、次第に体の不調を感じるようになります。


      また、うつ病や自律神経失調症などの病気を発症することもあります。

      ストレスチェックに関して悩んだら、是非お試し下さい。

      このような症状が出ると、次第に会社を休みがちになり、ひどくなると入院や長期療養に追い込まれる場合もあります。


      そこで、従業員のストレス状態を把握するため、近年、ストレスチェックという制度が導入されました。

      goo ニュースの情報を公開しているサイトです。

      このストレスチェックは厚生労働省が主導して進めるもので、従業員のストレスの程度を事前に把握し、そのストレスによる心身状態の悪化を未然に防止することを目的として行われます。

      また、50人以上の従業員を雇っている中規模程度の事業所に対して、ストレスチェックの実施が義務づけられています。
      ストレスチェックでは、一人一人の従業員に対して、ストレス状態を把握するための質問表が配布されます。



      各従業員はこの質問表に記載された質問にそれぞれ回答していきます。


      回答された質問表は医師などの医療関係者によって回収され、各従業員のストレス状態の診断が行われます。

      強いストレスを受けていると診断された人に対しては個別に面談を行うなど、ストレスを軽減するためのサポートが行われます。

  • 知っておきたい常識

    • ストレスチェックは常時50名以上の従業員を雇用する企業では実施しなければならないと義務付けられたものです。実施のためには様々な準備が必要になりますし、実施後に希望者に面談を行うためには産業医との連携も必要になるのが一般的です。...

  • 詳しく知りたいなら

    • 心の健康状態が業務のパフォーマンスに与える影響は、かなり大きなものとなります。身体的疲労は比較的回復することが容易であるものの、メンタルに大きな負荷がかかってしまう状態が継続すると、いわゆる「うつ」の状態へと追い込まれてしまう可能性も高くなります。...

  • 医療について情報

    • 職場のメンタルヘルスの問題については2000年以降頻繁に社会的な話題になってきましたが、そのような問題に対して積極的に行動に移すことができるのは1部の大企業だけであると言う状況が続いてきました。そのような問題に対して専門的に対応するスタッフがいないと言うこともありますし、ノウハウが不足していると言う状況が対応の遅れを深刻な問題としていました。...

  • 専門知識

    • ストレスチェックは常時50名以上の従業員を雇用する企業に義務付けられたメンタルヘルス対策のための仕組みです。大企業であれば社内に保健室を設けるなど専門的な対応することができるスタッフを抱えていることも珍しくありませんが、中小企業等においては産業保健スタッフを雇用していないケースの方が圧倒的に多く、ストレスチェックを社内で実施することに対して非常に大きな負担になることがあります。...

top